"養子"に関連する記事一覧
 | HOME | 

【Q&A №546】に関する再質問

2016/12/13

被相続人に対する求償権【Q&A №546】に関する再質問


【再質問】

ご回答のご説明わかりやすかったですが、私の説明が良くなかったようです。

相続対策として長男は祖父の養子となっていました。

質問の被相続人は父で、祖父が亡くなった際に父と長男(養子)は質問の賃貸マンションを相続しました。

長男は共有者ではありますが、父の生前に父が収入と費用、債務、税金などを支払う事を同意していたと思います。

申告していないですが現金で毎月8万~15万受け取っていました。(ただ現金手渡しなので証拠がありません)

ご回答にあるように請求が10年で債務や固定資産税を引けば相続財産がなくなるような額にはならないと思います。

残念なのは月々支払っていた現金が振り込みでないため、母の証言だけなことです。

これが実証できれば合意の証拠にもなりますし、請求金額からも差し引くことができます。

この主張はしていくつもりですが、良い方法があればご教授いただけると幸甚です。

(mujun)







前回の回答では、売買で取得したことを前提としていました。

しかし、今回の再質問では、お祖父さんの亡くなった際にお父さん(今回の被相続人)とその子(祖父の養子にでもある)が相続でマンションを共有取得したという前提ということが判明しました。

この点に関する回答は次のとおりとなります。

【金銭支払いの合意がある場合】

お父さんが賃貸収入を全部もらうこと、費用や債務、税金は父が負担すること、更に金銭をお兄さんに支払うことが合意されていたのであれば、マンションの利用に関してはその合意で解決していることになり、定められた以上の請求はできないということになります。

ただ、その合意に基づく支払いがされていないとすると、その支払いのない分がお父さんの債務になります(兄から父に対する合意に基づく金銭支払い請求権)。

なお、参考までに言えば、この請求権は5年で消滅時効にかかります。

次に、お父さんとお兄さんの合意が証明できない場合には、お兄さんからお父さんへの賃料相当の金額を返還せよという請求権(不当利得返還請求権)が成立する余地があります。

この場合の消滅時効の期間は10年間になります。


【支払いの証明はなかなかむずかしい】

支払いの証明は金融機関を介しての送金なら証明は簡単ですが、現金で手渡しということであれば、それを証明するのはなかなか困難です。

おそらく領収書もとっていなかったでしょう。

証拠としては、お母さんの証言しかありませんが決め手にはなりません。

又、8万から15万円と幅があるのも気になります。

いずれにせよ、お母さんから事情を詳しく聞き、矛盾のないように整理した上で、お兄さんの代理人に説明して、納得してもらうしかないでしょう。


【無償使用という話があったという展開は・・】

お父さんが賃料の全額を取得しているにもかかわらず、持ち分をもっているお兄さんがそれになんらの異議を唱えなかったというのであれば、それも不思議な話です。

ただ、マンションの使用に関する合意の証明ができない場合には、お兄さんとしては無償でマンションを父に貸したという主張もできるかもしれません。

しかし、この場合、お兄さんがマンションを無償でお父さんに貸与したことから、お父さんの遺産が増えたという主張(兄の特別寄与)が出てくる可能性があります。


【弁護士と相談することも考える】

いずれにせよ、本件については解決の妙策はなさそうです。

できれば相続に詳しい弁護士と相談され、具体的な事実を説明した上で、お兄さんの代理人に対する対応を決められるといいでしょう。

(弁護士 大澤龍司)
大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
16:33 その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

脳梗塞の父から後妻が生前贈与を受けた【Q&A №398】

2014/08/25
 7年程前に重度の脳梗塞で倒れ介護生活を送っていた父が、半年前に亡くなりました。父は再婚で私には継母なのですが、その継母には娘(継母の連れ子)がいます。
 その連れ子と父が、脳梗塞で倒れた翌月に養子縁組をし、その半年後には継母と連れ子の名義で土地と家屋を購入するために、父の預金から継母と連れ子に現金を生前贈与していた、という事実を父が亡くなった数日後に初めて知りました。連れ子が嫁いでからの父の再婚だったので、連れ子は私や父と暮らした事もありません。父は重度でしたので半身麻痺、言語障害、記憶障害などがありました。連れ子は弁護士をたてて手続きをしたと言っています。そして私が7年間知らなかったという事を、自分も知らなかった事を知らなかったと、とぼけています。継母とは口をきいていません。
 土地と家屋は合わせて約5000万一括払いです。継母と連れ子でどんな割合で贈与してもったのかわかりませんが、この度の遺産分割で「遺産は預金400万で、あなたの分は100万」と言われました。あまりに不公平ですし、当時の父の状況からは考えられない疑問も多々あります。持ち戻し及びこの場合、遺留分減殺請求はでき・・・

記載内容

脳梗塞 生前贈与 意思能力
(にこりん)


【あなたの相続分は400万円である】
 本件では後に述べるように、
①お父さんの意思能力(判断能力)があったのか。
②遺留分減殺請求をするとどうなるのか。
という問題があります。
 ただ、その前にこれらの点を問題にしない場合のあなたの相続額を考えてみます。
 後妻と養子になった娘が生前に5000万円の贈与を受けていますので、その分は特別受益として遺産に持ち戻されます。
 そうするともともとの遺産額400万円にこの持ち戻しされる遺産5000万円を加算した額がみなし遺産になり、その額は5400万円になります。
 そのため、あなたと後妻の娘の計算上の相続分はこの4分の1である1350万円、後妻は2分の1の2700万円となります。
 後妻とその娘に対する生前贈与は合計で5000万円というだけで、その明細が不明です(簡単に推測する方法としては登記簿謄本で持ち分割合を確認されるといいでしょう)が、仮に後妻が2700万円の以上の贈与を受け、娘が1350万円以上の贈与を受けていた場合、いずれも計算上の相続分を取得していますので、後妻も娘も、今回の400万円から遺産をもらうことはできません。
 後妻側の主張するあなたの取り分100万円というのは間違いであり、あなたは今回の相続で400万円全額を取得することができます。

【意思能力喪失による贈与及び養子縁組の無効】
 ただ、問題は、生前贈与あるいは養子縁組した時にお父さんに意思能力があったかという点です。
 もし、意思能力がなかったらこれらの行為が無効となり、贈与分の返還を請求でき、また、養子縁組も無効となるため、後妻の娘が法定相続人でなくなります。
 お父さんは脳梗塞で言語障害や記憶障害があったというのであれば、養子縁組及び贈与当時、入院していた病院や入所していた施設のカルテ、介護記録等を取り寄せされて、お父さんの意思能力がどの程度であったかを判断されるといいでしょう。
 意思能力の有無に関する検査として有名なのは長谷川式認知スケールという検査(30点満点)です。(「相続コラム:意思能力と長谷川式認知スケールに関する判例の紹介」参照)
 カルテにそのテスト結果が記載され、その点数が10点以下であれば、意思能力はなかったとされ、養子縁組や贈与が無効とされる可能性が高くなります。
 もし、贈与と養子縁組が無効になった場合にはあなたは5400万円の半分である2700万円の遺産を相続できますし、仮に贈与のみが無効となった場合でも1350万円の遺産をもらうことができます。

【遺留分減殺請求について】
 仮にお父さんに意思能力があった場合の対応としては遺留分減殺請求が可能です。
 被相続人の有していた財産のうち、ある一定限度を法定相続人(子などの直系卑属や父母等の直系尊属)にもらえることを認める制度です。
 今回の相続では被相続人に配偶者がおり、子が2名のケースですので、あなたの遺留分は全遺産(この場合の遺産も、 現在の遺産額に生前贈与分を持ち戻し加算した計5400万円になります)の8分の1の675万円ですが、あなたは今回の相続で400万円をもらえますので、残りの275万円を後妻及びその娘に遺留分返還請求することになります。

【その他の主張として、贈与の意思がなかったということも・・】
 その他の主張として、お父さんに仮に意思能力があったとしても、贈与の意思はなかったということも可能かもしれません。
 銀行の払い戻し伝票あるいは送金書類の筆跡がお父さんのものではなく、また、当時のお父さんの経済状況からみて、そのような多額の金銭を贈与できない、さらに言えば、贈与税の支払いもしていない等の事情があれば、お父さんとしては贈与を知らず、後妻らがお父さんに無断で金銭を動かしたのだという点を主張することも可能かもしれません。

【弁護士に相談を】
 今回のように、贈与等の無効を主張したり、遺留分減殺請求をするというのであれば、法的な知識と判断が必要になります。
 そのため、あらかじめ相続に詳しい弁護士と法律相談をし、詳しい事情を説明されるといいでしょう。
 適切なアドバイスをしてくれると思います。
大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
17:25 生前贈与・特別受益 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

養子縁組した場合の相続関係【Q&A №204】

2012/10/05
 養子縁組について
 母には、姉78歳(義息子家族同居)兄75歳(妻)がいます。
 兄は余命を宣告され入院中。子供はおりません。
 母の他兄弟は他界。一人も子供がおらず、姉の義息子も故旦那の連れです。私(33未婚)が幼い頃に養子の話しはあったようですが、それは冗談なのか本当なのか…という程度です。
 兄夫婦が亡くなれば、母方の姓は途絶えます。
 父母68歳は自営業で、多額の負債を抱えています。
 もし仮に私が養子になった場合は、どうなりますか?
 誰もこのような話しはしていません。叔父(母兄)の方から話しがない以上、こちらから相続や財産がどれくらいか聞くのも…。
 誰にどのように確認すればいいのかも分からないので、下手したら財産目当て⁈に、とられるのも不安です。(財産なければ意味ないですが…
 万が一、叔父が亡くなってからでも叔母(妻)が健在ならば、養子縁組は急がずともいいのでしょうか?

記載内容

養子縁組 遺産調査 相続放棄

(ふふ)


【叔父さんの生前に養子になる方が財産を維持できる】
 あなたが叔父さんの養子になった場合、叔父さんが死亡したときの相続分は、叔父さんの奥さんが2分の1で、あなたも2分の1です。
 しかし、あなたが叔父さんの養子にならない場合には、叔父さんの奥さんが4分の3を相続するだけで、叔母さんとお母さんがそれぞれ8分の1を相続します。
 従って、叔父さんの家全体としての財産の維持という面から言えば、叔父さんが亡くなる前に養子になるのがいいという結論になります。
 なお、叔父さんが死亡すると、その奥さんとあなたとは血が繋がっていないので、奥さんとしては自分の血の繋がった甥や姪を養子にすることが多いです。
 もし、あなたが養子になるのを希望しているのであれば、叔父さんが生きているときに縁組をするのがいいでしょう。

【叔父さんの財産調査は難しい】
 親子であっても夫婦であっても、金融機関から見れば他人です。
 ましてや、現段階では叔父と姪との関係ですので、あなたが金融機関に叔父さんの預貯金内容を問い合わせしても、個人情報の保護ということで、回答はしてくれないでしょう。
 なお、叔父さんの自宅の住所はご存じでしょうから、法務局でその自宅の登記簿謄本を確認することが可能です。
 謄本を見ると、自宅に抵当権が設定されていないかどうか、又、差押えなどがあるかどうかがわかりますので、叔父さんの財産をある程度の推測することが可能です。

【養子になっても実父母の相続はする】
 あなたが叔父さんの養子になっても、実の両親の相続はします(要するに養父母と実父母の双方の相続をすることになります)。
 そのため、叔父さんの養子に入ったとしても、ご両親の負債はあなたが相続放棄しない限り、負担することになります。

【養子縁組は何のためにするのか・・】
 養子縁組は、家のためにするものでも、財産のためにするものでもありません。
 親子関係を結ぶためにするのですから、養子縁組をするなら、叔父さんが生きている間にして、叔父さんの子供として生活を伴にされるべきでしょう。
 そうすれば、自ずから財産の有無やその内容もわかるでしょうし、もし、負債が多ければ相続放棄という手段も考えてもいいでしょう。
 いずれにせよ、なぜ、あなたは養子になるのかを考え、叔父さんの子として今後生活をしていきたいというのなら、その旨を叔父さんに伝えて養子縁組の話を進めるのがいいでしょう。

大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
17:01 遺産分割 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

養子の相続権【Q&A №100】

2011/11/14

 伯母が痴呆により、私の実父が成年後見人をしています。伯母は配偶者も亡くなり、子供もおりません。伯母には父を含め姉、妹と兄弟が3人おります。伯母が亡くなった場合、この3名の兄弟が相続をするものと考えます。ところが、3名中の伯母の妹はその相続権を放棄するつもりです。その理由は、養子縁組をした娘(他に子はおりません)に不遇に扱われており、伯母の財産にも意見するようになったためです。さて、この伯母の妹が伯母より先に死去した場合、伯母の財産の相続権は養子であるこの娘に発生しますか?またその割合は法的にあどうなのでしょうか。よろしくお願いします。


記載内容

  養子 代襲相続 
(ひろ)


【養子も、実の子と同様に相続します】
 養子になった場合、実の子と同様に扱われます。
 そのため、相続においても、養子と実の子はなんらの区別がありません。
 養子も相続人になりますし、代襲相続も可能であり、法定相続分についても差はありません。

【伯母さんより、その妹さんが先に死んだ場合の相続・・代襲相続】
 今回の最初の質問は、「この伯母の妹が伯母より先に死去した場合、伯母の財産の相続権は養子であるこの娘に発生しますか?」というものですが、答えは《発生します》です。
 伯母さんは配偶者もなく、又、子もいなかったのですから、伯母さんのお父さんやお母さんなど(正確に言うと直系尊属)がいないと、伯母さんの兄弟が相続人になります。
 ただ、妹さんが伯母さんより先に死んだ場合には、既に死亡している者が相続人になることはできません。
 この場合には、その妹の子(実の子も、養子も)が代わりに相続することになります(これを代償相続といいます)。

【相続割合は3分の1で、実子と養子の間に差はない】
 次の質問は「その割合は法的にどうなのでしょうか?」というものです。妹さんの子がその養子一人であれば、その養子の方は、妹さんがもらうはずであった同じ割合(3分の1)をもらうことになるというのが回答です。
大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
13:30 相続人 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

★実子と先妻の子と養子の相続分【Q&A №95】

2011/10/25

 先日父が亡くなりました。母は5年前に亡くなっています。 子供は私1人です。
 しかし、父は再婚で、先妻との間に2人の実子と1人の養子がいます。
 父の遺産を相続をする場合、私の法定相続分は何割でしょうか。教えて下さい。


記載内容

  相続人 相続分 
(ゆきこ)


1.相続人は次のように決定されます
①まず、子⇒親⇒兄弟の順番で相続人になります。
被相続人に子がいれば親は相続人にはなれません。
兄弟が相続人になれるのは、子も親もいない場合のみです。
②次に、配偶者は、被相続人の子、親、兄弟がいるかどうかにかかわらず、常に相続人になります。

2.本件の場合、配偶者は5年前に亡くなっており、子がおりますので、相続人は子だけになります。
子が数人あるときは、各自の相続分は等分になります。
本件の場合、相談者のあなた、実子2人、養子1人の合計4人の子がいますので、子供の相続分は各4分の1ずつとなります。

3.なお、先妻の子については、父母が離婚しても、親子関係はなくなりませんので、他の子供と同様の割合の相続分です。
また、養子についても、実子と同じ相続分になります。

4.以上のとおりであり、あなたの相続分は4分の1です。
大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
13:27 相続人 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

父の後妻からの相続はできるか【Q&A №1】

2009/06/19

 私の母親は私が中学生のときに亡くなり、その後、私は母の実家で育てられました。
父は再婚し、その後2人の子供が生まれました。
父は6年前に亡くなり、父の遺産は父の再婚相手である義母と義兄弟とで分けました。
そして、昨年6月に義母が亡くなりましたが、遺産相続の話がなかったため、義兄弟に連絡したところ、「母と血がつながっていない人には財産は相続させられない」と言われました。
義母の財産を相続する権利が、私には全くないのでしょうか。


 記載内容

  養子 相続人 相続分
(孫)



 【養子であれば相続できます】
 〔養子であるかどうかで回答が異なります〕
 質問からははっきりしないのですが、
① もし、あなたが後妻の養子になっているのであれば、後妻の相続人となります。
② しかし、養子になっていないのであれば、相続人にはなりません。

 〔養子になるには養子縁組の届出が必要です〕
養子に大昔の法律(旧民法)では、父が後妻と結婚した場合には、父の子は当然に後妻の子供になったのですが、新しい(と言っても昭和20年代に改正された)民法では、後妻とあなたとの間に養子縁組するという届出をしない限り、あなたは義母の子にはなりません。

 〔養子であるかどうかを調べる方法〕
あなたが義母の養子になっているかどうかは、あなたの戸籍に記載されていますので、戸籍の取り寄せされたらいいでしょう。

 〔養子と実子は同じ割合で相続する〕
なお、養子であった場合、義母の遺産からのあなたの取り分(相続分)は義母の産んだ兄弟と同じ割合ですので、それぞれ3分の1づつ、遺産を取得します。養子であろうと実子であろうと、相続では同じように扱われます。

 〔養子縁組が解消されていた場合〕
なお、養子であったのに、いつの間にか養子縁組が解消されていたというような場合もあります。この場合には早急に弁護士相談されることをお勧めします。
大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
18:57 遺産 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集
 | HOME |