"印鑑証明書"に関連する記事一覧
 | HOME | 

口頭での分割協議と数次相続【Q&A №544】

2016/11/21



【質問の要旨】

口頭では遺産分割協議がすんでいるが、登記はしていない不動産について

記載内容 数次相続 未登記 固定資産税

【ご質問内容】

父親が10年前に死んだのですが、そのとき 相続人が母、姉2人の私だったのですが、貯金1000万円は母に相続し、不動産は私が相続、口頭でも相続協議分割は成立するので、その時に相続協議分割は成立したと思ってました

そこで、その時以来、父名義の不動産はすべて私所有になったと思ったのですが、私の名義変更はしませんでした

それで、固定資産税は、母あてに送ってきて、母がなくなる前1年間ぐらいは私が母名義の、固定資産税を払ってました。母が死んだのですが、相続税のお尋ねと申告書が一緒に送られてきました。

1.この場合、相続税のお尋ねの欄の母の相続財産は、父名義の不動産を書くのでしょうか?

母の相続財産の欄の不動産名義の先代名義の欄に私の父名義になっているのですが、私所有なのでかかなくてもいいのですか?

2.税務署は、固定資産税の支払いが母になっていたので、すべての不動産が母所有だとして、相続税をかけてくるのでしょうか?

市役所から送られてくる固定資産税には、母現所有と書かれてました。このことは、相続税がかかる場合に影響をあたえるのでしょうか?

3.母が死んだので、この際、父名義から私名義に不動産を変えようと思って姉2人ににいったら、今度は法廷相続分の3分の1よこせ、応じなければ変更に同意しない、といいだしました。

このことは、相続税のお尋ねに記入する場合、影響を与えますか?

(gjghjkghk)







【法律問題についてのみ回答します】

今回の質問は税務署からの《相続のお尋ね》にからむ税金の問題と遺産分割協議の成立に関する法律の問題との2つの側面があります。

当ブログは法律面での相談を扱っておりますので、遺産分割協議について回答します

なお、税金については税理士等、税務の専門家に相談されることをお勧めします。


【お父さんの遺産分割協議が成立の証明がむずかしい】

10年前に死んだお父さんの遺産分割については、あなたは《相続分割協議》は成立したと判断されているようです。

しかし、相続分割協議(遺産分割協議)は口頭でも成立しないわけではありませんが、遺産という通常は多額な財産の分配問題であることや不動産の登記手続きを伴いますので、書面化するのが通常です。

しかも、単に書面化するだけではなく、法定相続人全員が署名して実印を押し、かつ印鑑証明書も添付して、誰が見ても間違いなく合意されたことが証明できるような形にして残します。

今回の質問の場合、あなたが口頭で成立したと理解していても、該当する不動産が10年間も未登記であることや、現時点ではありますが、他の2人のお姉さんが法定相続分を主張していることを考えると、遺産分割協議が成立し、あなたが不動産を単独で取得することを証明することはむずかしいと思われます。


【お父さんの遺産分割協議がない場合のお母さんの遺産】

仮にお父さんの遺産分割協議ができていないとした場合、お父さんの不動産のうち、その2分の1がお母さん、残りは姉妹3人で各6分の1ずつを共有することになります。

なお、遺産の分割は分割協議や家裁の審判で決定されることです。

協議合意等が存在しない以上、市役所からの書類に「母所有」との記載があっても、又、固定資産税の関係で誰が支払っていたとしても、お母さんの単独所有にならず、お母さんの遺産にあるのは、お父さんの不動産の2分の1でしかありません。


【今後、お父さんとお母さんの双方についての遺産分割協議をする】

前記のようにお父さんの遺産分割協議はされていないということになると、お父さんとお母さんとの双方について遺産分割協議をする必要があります。

もし、その遺産分割の合意ができればその旨を、又、合意できなければできないでとりあえずは法定相続分で分割したとの想定で税理士さんと相談されるといいでしょう。

(弁護士 大澤龍司)

大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
17:24 その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

母が勝手に書いた委任状【Q&A №256】

2013/03/12
 父方の祖母が他界した時に、叔父(私の父(他界)の兄。)が家へ来て、「母(私から見ると祖母)の預金を下ろしたいから、委任状を書いてくれ」という説明で、私が不在だったため、私の母が、代筆で委任状を2通書きました。
 8年ほど経ち、祖母の土地の相続はどうなっているのか、疑問に思った私の母が、登記簿を調べたところ、その土地は、叔父の物となっておりました。
 どのような手順で相続したのか、書類の提出を求めたところ、一通の委任状のコピーが届きました。それは、この土地は叔父が相続するという内容の物でした。
 当時、土地相続の相続放棄についての話など一切なく、委任状を書かされたわけですが、その内容は全く見ておらず(半分折りになっており、相続内容が書かれた左面とは逆の右面に署名捺印しており、意図的に、内容を見られないようにしていたのかも?)この委任状が有効なのか疑わしい限りです。
 しかし、8年前の事で記憶もあいまいで、こちらが書類をきちんと確認しなかった事に、悔しい思いです。虚偽の説明で、委任状を書かせた叔父が許せません。
 この委任状は、私の許可なく、母が代筆していますが、それでも有効になるのでしょうか?
 本人が書いてない委任状と、虚偽の説明で書かされたという点から、この書類を無効にすることは、できないものでしょうか?

記載内容

委任状 偽造 勘違い 詐欺
(makomu)


【本人の意思に基づかない委任状は無効】
 まず、当然のことですが、本人の意思に基づかない委任状は無効です。
 ただ、代筆であっても、障害で字が書けない人を代筆することもありますし、横で指示して書かせる方式でも直ちに無効というわけではありません。
 問題は、本人が書いたかどうかではなく、本人の意思に基づくものといえるかどうかです。

【黙示の承認ないし追認の可能性はないのか・・】
 お母さんが委任状を書いたとき、あなたがその作成のことを知らず、又、その後もお母さんの代筆を承認しておらず、同意もしていないというのなら、委任状は無効です。
 その無効な委任状に基づきなされた叔父さんへの相続登記も無効になります。
 しかし、もしあなたがお母さんの代筆を知って放置していたとか、お母さんの委任状作成を暗に認めていた(あるいは、母の代筆がもめ事になるのを避けようと思い仕方なく黙認した)というような場合には、裁判で委任が有効と認定される可能性があります。
 なお、叔父さんが相続登記をするには、あなたの委任状だけではなく、その他にあなたの実印を押捺し、かつあなたの印鑑証明書を添付して登記申請をする必要があります。
 叔父さんへの相続登記が完了していたというのなら、誰があなたの実印の押捺をし、又、誰があなたの印鑑証明書を叔父さんに渡したのかという疑問も出てきます。
 登記を無効と主張するには、これらの点も勝手にされたのだということを証明する必要があります。

【詐欺について】
 不動産登記のための委任状であることをはっきりと説明せずに、あるいは虚偽の説明をしたというのであれば詐欺により、委任を取り消しすることも考えられます。
 ただ、8年も前のことであり、記憶がはっきりしないということであれば、この点の証明が可能かどうかという疑問があります。
 又、詐欺で騙されたのはあなたではなく、お母さんということになりますが、その前提で考えるならあえて詐欺という必要もなく、あなたが関与しておらず、あなたの意思に基づく委任状ではないということで十分です。
 結局、登記の無効を主張するのであれば、あなたの意思に基づかないという点を根拠にするのがいいでしょう。 


大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
13:50 遺産分割 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

★兄が依頼した弁護士の報酬【Q&A №229】

2013/01/18
遺産分割と弁護士法
 私の母は、一人っ子ですでに他界しています。その後すぐに、祖母(母の母)が亡くなり、その祖母の遺産相続権が私たち兄弟三人に発生しました。私は三人兄弟です。祖母は2年前に亡くなり、私が祖母の死の知らせを聞いたのは、亡くなって3カ月後でした。(祖母と母はあまり行き来がなかったので)
 預貯金や現金などは兄がもっています。税金も兄が支払っているようです。兄は弁護士を雇い、私に連絡してきましたが、預貯金のコピーを見せてほしいと申し出てもみせてくれません。また、祖母の土地と建物を売却しようとしたが、買い手が見つからなかったと記されており、さらには、弁護士費用は40万かかるので、3人で折半して支払うよう弁護士から請求がきました。
 弁護士からは最初に兄の代理人であるので、兄とは接触なくようという手紙をもらいました。また私は祖母の土地建物の売却には賛成していません(それも手紙に記して送っていました)勝手にそのようなことを行う兄と弁護士に不信感を募らせています。この弁護士は弁護士法に違反しているのではないでしょうか。私は弁護士費用は支払っていません。

記載内容

弁護士費用 弁護士法 



(コーン)


【事件を依頼していない人は、弁護士報酬を支払う必要はない】
 弁護士に対する報酬は、弁護士に事件を依頼した人が支払うものです。
 お兄さんが頼んだのであればお兄さんが支払うべきものです。
 事件を依頼していないあなたが、お兄さんの弁護士に報酬を支払う必要はありません。

【利害対立する双方から弁護士費用をもらうと問題になる・・】
 今回の質問では、お兄さんが依頼した弁護士が、事件の相手方であり利害の対立するあなたに報酬等の弁護士費用を請求するのは、弁護士として次の問題点が発生します。
① 依頼を受けていない人に弁護士費用を請求することは法律的な根拠がなく、違法である。
② 相続人として利害が互いに対立するお兄さんとあなたの双方の代理人となるのは、違法である。
(なお、お兄さんとあなたの双方から、《利害対立しているのはわかっているが、それでも代理人になって欲しい》と頼まれたというのなら、問題はありません)

【弁護士はあくまで一方当事者の味方】
 弁護士が今回のような遺産分割事件でお兄さんの代理人として登場してきたとすれば、それはあくまでお兄さんの利益を図る、お兄さんの側の弁護士として行動する必要があります。
 相手方であるあなたの代理人を兼ねた場合には、弁護士としては、利害対立する双方の利益を図ることは不可能です。
 そのため、弁護士に適用される法律(弁護士法)では、《双方代理》の禁止という原則を定めており、これに違反すると弁護士会から処罰(懲戒処分)されることもあります。
 お兄さんの弁護士が報酬の支払いを請求してきても、あなたとしては支払う必要はありませんし、あまりしつこく請求してくるのであれば、一度、地元の弁護士会に相談されるといいでしょう。

【預金通帳を見せない場合の対応策】
 預金通帳のコピーを請求しても、相手方の弁護士が見せてくれないということですが、お兄さん側としては預金通帳を見せる義務はありません。
 遺産である預金の通帳も見せる義務もなければ、ましてやお兄さん独自の預金通帳を見せる義務も全くありません。
 通帳の開示に応じない場合には、遺産である預金をお兄さんが使い込んでいるようなケースが極めて多いので、是非、あなた側で独自に調査することをお勧めします(調査方法については当ブログの、Q&A №98 をはじめとするカテゴリ( 参考カテゴリ:「遺産調査」 )をご参照ください)。

【お祖母さん名義の土地の売却はできない】
 なお、被相続人であるお祖母さん名義の土地については、相続人であるあなたの同意なしに勝手に売却することはできません。
 あなたとしては、お兄さん側の用意した書面に実印を押したり、印鑑証明書を手渡すようなことでもしない限り、登記の移転もできませんので、この点は安心されて結構です。


大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
16:06 遺産分割 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

★だまされて渡した実印と印鑑証明書【Q&A №214】

2012/12/14
 騙されて渡した実印と印鑑証明

 父親が死亡後、兄夫婦から父名義の銀行預金を解約するので、実印と印鑑証明を急いで欲しいと言われ、渡してしまいました。ところが、それを使って遺産分割協議書を偽造され、サインは第三者によるものでした。
 兄夫婦はずる賢く、実印と印鑑証明を渡すということは承諾したと同じであると主張し、自ら家裁に調停を申立て、自己の正当性を主張し、父の遺産を開示すらしません。私のサインでないことは証明されているので告訴をしたいのですが、争点が明確でないと言われて、なかなか告訴ができません。

記載内容

実印 印鑑証明書  
(のぶ)


【告訴をしても、警察は簡単には動かない】
 亡くなったお父さんの預金を払い戻すために、お兄さんに渡した印鑑証明書などが悪用されて遺産分割協議書を作成されたというのであれば、有印私文書偽造、同行使等に該当する可能性があります。
 ただ、実際にこれらの罪で告訴しても、警察は《民民》のことであり、できれば弁護士を入れて裁判をされたらどうですかというアドバイスをしてくれるだけで、積極的な問題解決に役立つ可能性は少ないです。

【実印を渡したのは不注意ですが・・】
 実印と印鑑証明書は、重要なものであり、署名をする書面に自分で実印を押捺するのが通常であり、兄弟といえども、実印自体を渡したことはあまりに不注意だったというべきでしょう。
 ただ、第三者のサインであることが明らかであるということなら、あなたが書面(遺産分割協議書)の内容を了解していたのではないという証明になります。

【自ら調査するべきですが、専門家への依頼も考える・・】
 お兄さんが自ら家裁に調停を申し立てているのであれば、裁判所に対して、遺産目録を提出しているのが通常だろうと思います。また、調停委員からも、他に遺産があれば開示するよう言われているはずです。
 ただ、お兄さんが遺産の内容を明らかにしようとしないときには、調停委員もそれ以上に強く開示を求めることはありません。
 そのため、遺産の調査は、あなたの方で積極的にする必要があります。
 あなたは相続人ですので、被相続人であるお父さんの遺産を調べることができます(預金等の調査方法については、遺産調査 の記事をご参照ください。)

 ただ、本件ではお兄さんの態度に非常に問題があります。
 素人であるあなたでは、遺産の調査も難しく、又、交渉も難しいのではないでしょうか。
 遺産総額がどの程度かわかりませんが、ある程度の額になるのであれば、相続に詳しい弁護士に相談し、事件を委任された方がよいケースのように思います。
 ご検討ください。

大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
10:54 遺産分割 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

偽造された署名【Q&A №213】

2012/11/14
 偽造された遺産分割協議書の署名

 昨年春、父が亡くなりました。ある日突然、兄から一方的な書類が届き、そこには遺産の分配が書かれていて、兄が全体の半分を、残りを私と弟でという勝手なものでした。しかも、遺産分割分割協議などしていないのに、書類が勝手に作られ、私の住所、氏名も他人が書いたもだということが分かりました。弁護士に依頼しているのですが、なかなか進まず、家裁でもう1年近く揉めています。私はどの方法でも訴訟を起したいのですが、最近になって、弁護士が誰が署名したのか鑑定で証明できなければ、訴訟はできない裁判しても負けると言って訴訟になりません。私の署名でないことは鑑定の結果証明できたのですが、それでも訴訟は起せませんか?
 どこの誰が書いたかのか証明などできすはずがないので、困っています。助けてください!

記載内容

偽造 署名 押印 
(ちび)


【偽造した人を特定する必要はありません】
 今回、署名があなたのものでないことが証明されたということですが、それにもかかわらずあなたが依頼している弁護士は誰が記載したのかを明らかにしないと勝訴しないと言っている点に疑問を感じます。
 まず、あなたが署名したものでなければ、遺産分割協議書は《無効になることがあります》。
 決して、あなたの署名を偽造した人を特定する必要はありません。
 その意味では、あなたの依頼している弁護士の発言は間違っています。

【本人の署名がなくとも有効な場合があります】
 ただ、わざわざ、《なることがあります》と記載したのは、遺産分割協議書は必ずしも本人の署名が必要ではないからです。
 具体的に言えば、氏名欄がワープロ打ちでも遺産分割協議書としては効力を有する場合もあります。
 又、署名欄が仮に他人の署名だとしても、あなたが納得して実印を押捺し、印鑑証明書を交付すると、遺産分割協議書が効力を持つ可能性があります。

【実印が押捺されているのか?印鑑証明書が添付されているのか?】
 遺産分割協議書であれば、あなたの実印が押捺され、又、印鑑証明書が添付されているはずです。
 質問には記載されていませんが、これらの点はどうなっているのでしょうか。
 もし、あなたの実印が押されており、印鑑証明書も交付されたということなら、署名は他人がしたとしても、あなたが承諾して印鑑を押したのだとして、遺産分割協議書が有効になる可能性もあります。

【弁護士とは納得できる打合せを】
 弁護士はあなたの利益のために頑張るのが仕事です。
 その弁護士が、勝訴が難しいというからには、何らかの他の理由があるのではないでしょうか。
 このブログで回答できることには限度があります。
 現在の弁護士の方針にどうしても納得できないというのであれば、資料を持参して、相続に詳しい弁護士に法律相談をし、それをセカンドオピニオンとして活用されるといいでしょう。

大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
11:07 遺産分割 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

協議成立後の実印変更【Q&A №200】

2012/09/19
 実印変更
 遺産分割協議書に実印を押して相続が終了しましたがその後実印を紛失し新しい実印を登録しました。過去の遺産分割協議書に押しなおしたりしないといけないでしょうか?
 また、相続した土地を売る際に不都合があるでしょうか?

記載内容

実印の変更 分割協議時の実印 実印の紛失 

(しあわせぱんだ)


【再度、押印する必要はない】
 遺産分割協議書については、実印を押して、印鑑証明書をつけます。
 印鑑証明書の印鑑である実印が押されておれば、その後に紛失等の事情で実印を変更したとしても、改めて押印し直す必要はありません。
 後に実印が変わっても、遺産分割協議書は有効で、その内容を実現することができます。

【相続した土地の売却には売却時点での実印を押す】
 土地を売却する場合には、登記を買主に移転する必要があります。
 この登記に必要な印鑑は、その移転登記をする時点の印鑑です。
 遺産分割協議書に押した印鑑と異なっていても、売買における登記時点の印鑑証明書の印鑑と同じ実印を押すだけでいいです。


大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
11:07 遺産分割 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

虚偽の遺産分割協議書に押印をした場合について【Q&A №192】

2012/08/27
 虚偽の遺産分割協議書は有効なのでしょうか…?

 兄と妹の二人です。
(兄には嫁と子供二人・長女と長男がおります)
 父が平成17年、母が平成20年6月17日に亡くなりました。
 その後、遺産相続のことについては、縁を切ると脅されていました。
 平成22年12月4日に、急に、一方的に連絡があり、兄が勝手に作成してきた遺産分割協議書(同二枚)を差し出され、謝らないといけないことがあると、いきなり泣き出し私の相続金を借金の穴埋めに遣い込んでしまい私への遺産金が無くなってしまったと訴えられ、自分の(兄)家も手放さなければならいし…ばれたら、嫁とも別れなくてはならないと泣き脅しされ、泣く泣く、その場では、私が泣いてあげれば全てが丸く納まるのか!?と思ってしまい虚偽の遺産分割協議書(同二枚)の一枚(兄の保管用)のみにサインと捺印(実印)をしてしまいました。
 私の保管用の虚偽の遺産分割協議書には、兄のサイン捺印(実印)はありますが、私は白紙にしています。(納得は出来ていなかった為)それでも?
 一方の虚偽の遺産分割協議書にサイン捺印(実印)をしてしまった以上、無効にはならないのでしょうか。
 私は、結局、遺産金はもらえず仕舞いです。しかし一年前に、私に内緒で、新しい家を購入して引越しもされていました。

記載内容

詐欺 遺産分割協議書

(クマコ)


【遺産分割協議書は1通あればよい】
 遺産分割協議書は1通作成されれば、それで有効です。
 あなたが持っている協議書に印鑑を押していなくとも、お兄さんの持っている分割協議書は無効にはなりません。
 お兄さんの持っている分割協議書に相続人全員の実印が押され、印鑑証明書がついていると金融機関から遺産である預金の払い戻しも受けることができ、登記もできます。
 お兄さんはその1通を使って、遺産を自分のものにしたのでしょう。

【詐欺等で取り消しや損害賠償を求めることも考えられるが・・】
 お兄さんが述べた事情が虚偽であったとすれば、詐欺を理由として分割協議を取り消しできる可能性がありますし、不法行為による損害賠償も可能かもしれません。
 ただ、問題は、お兄さんの詐欺を証明できるかどうかです。
 裁判に勝つためには、詐欺であることをあなたが証明する必要があります。
 具体的に言えば、お兄さんが、質問にあるようなことを言ったことやそれが嘘であったことなどを裁判所にわかってもらう必要がありますが、その点の証明ができるかどうかという問題です。

【今後の手続きは?】
 さて、問題はどのような手続きでお兄さんから遺産を取り戻すかということです。
 もし詐欺を働くようなお兄さんであれば、返還せよと言っても、簡単に返還してくれないでしょう。
 通常は、遺産分割協議書が無効であるとして、遺産分割調停をするのが望ましいです。
 しかし、調停をしても、もし詐欺を働くようなお兄さんであれば、返還せよと言っても、簡単に返還してくれないでしょう。
 当事務所は、質問と似たようのケースを扱うこともよくありますが、残念ながら調停でまとまったケースは一例もありません。
 訴訟になった場合、勝訴の可能性もありますが、敗訴の可能性もあります。
 いずれにせよ、訴訟になる可能性があるケースですので、早期に、相続に詳しい弁護士に相談され、詳しく事情を説明した上で、その意見をお聞きになるといいでしょう。
 その上で、訴訟のリスクもわかった上で、事件を依頼するかどうかを検討されたことをお勧めします。
   http://www.hyogoben.or.jp/">兵庫県弁護士会 (URL:http://www.hyogoben.or.jp/)

大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
20:59 遺産分割 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集
 | HOME |