"依頼者"を含む記事一覧
★マークは、重要またはアクセス数の多い記事です。
★★は特に重要な記事です。

 
 | HOME | 

遺産相続をしたのは私なのに【Q&A №603】

2018/03/08


【質問の要旨】

祖母の遺産を相続人ではない母が勝手に受け取れるのか

記載内容  弁護士 依頼者 連絡窓口


【ご質問内容】

 三年前に父方の祖母が亡くなり、父は六年前に亡くなっていたので、父の弟、弟の娘、私の姉、私で遺産相続(四分の一づつ)遺産相続しました。
 母親は扶養になっておらず、遺産相続していません。
 父の弟達と揉めて母が弁護士に依頼して、遺産相続の書類やサインと捺印は私に請求しますが、母が私に来た手紙を私に渡さず自分で取引して、私の相続分はどうなったの?と聞くと「私が苦労したからら私の物だとか私がお金を払ってる。お前には関係無い私が法律だ」とかんしゃくを起こしてわめき散らしとても恐ろしいです。
 税金500万円取られた、お金がまだ振り込まれて無いなど言っていますが、姉は弁護士に自分の通帳番号を伝えているが、私は伝えておらず、多分、母が私の名前で勝手に口座を作り、そこに振り込ませている?
 私は障害者手帳を持っていて、障害者控除もなります。母親が勝手に私の遺産相続を取れるのですか?

603

(らむね)



 ※敬称略とさせていただきます

【相続関係の整理】
 祖母が亡くなり、その相続という案件です。
 まず、相続人ですが、祖母の配偶者(祖父)は既に死亡しているようですので、法定相続人は祖母の子(父の兄弟)になります。
 なお、質問には相続人として《父》の他に、⦅弟》、《弟の娘》とありますが、この2ケ所に記載された《弟》が同一人である場合には、その娘が祖母の養子になっていない限りは《弟の娘》は相続人にはなりませんのでご注意ください。

【弁護士に依頼しているのはあなたです】
 あなたは父の代襲相続人であり、法定相続人です。
 そのため、弁護士に相続事件を委任するのはあなた自身です。
 母は、父の祖母の相続について、相続権は全くありません。
 その弁護士を探してきたのは母であり、着手金を支払ったのは母であるとしてもあくまで依頼者は相続人であるあなたです。

【なぜ、弁護士は母と連絡をとるのか】
 相続事件を受任する際に、多数の相続人のみなさんの中で代表者を決めてもらい、弁護士との連絡窓口をその代表者に一本化することがあります。
 また、直接の当事者でなくとも近親者の方に連絡窓口をしてもらうこともあります。
 そのような場合は、弁護士は母と連絡を取り合っている場合がありえます。

【弁護士に連絡を取るべきです】
 しかし、連絡窓口を母にしようと、弁護士に依頼するのは、相続人であるあなたです。
 そのような場合でも、あなたが依頼者ですので、弁護士に連絡して、今後の連絡は私にしてほしいと申し出をされるといいでしょう。
 この場合、メールかファックスなどで行い、後に証拠が残るようにしておきましょう。
 特に遺産が入金されるような場合には、あなたの口座に送金するように申し入れすることは必要不可欠です。

【もしもの時には別の弁護士も】
 いずれにせよ、今回のケースではあなたの気持ちや利益がきちんと遺産分割に反映できるように弁護士と打ち合わせをするなど、あなたの意向を弁護士に伝える必要があります。 もし、申し入れをしているにもかかわらず、弁護士からあなたに連絡がない場合には、その弁護士としては懲戒にも処せられるべき案件になります。
 そのような場合であれば、その弁護士とは別の弁護士に依頼するも是非、検討される必要があるでしょう。


大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
15:09 その他 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

認知症の母が亡姉の相続人となった【Q&A №500】

2016/05/11

 【質問の要旨】

認知症の母の姉の相続問題

記載内容  認知症 後見人 判断能力

【ご質問内容】

母が認知症で施設にいます。

姉がなくなり相続が発生しました


姉の上にも長女がいて母と長女の相続になります。

長女と姉の周りには不動産関係の友人がリフォムや介護や高額定期の更新とかまでを管理していたので、法定後見の申し立てて財産を取り戻しました。

しかし今回は母に成年後見人の必要性が考えられて、弁護士に相続のみの依頼も考えましたけど、社会福祉協議会は家庭裁判所への相談を進められて当然に家庭裁判所も成年後見人の申し立てを、念頭に認知症の診断を主治医に作成することを勧められました。

後見申し立ては姉のものを自力でやりましたので手続きには問題がありませんけど、母は相続のお金で在宅介護を希望しています。

成年後見人を選任しないで息子である私が弁護士に依頼しても依頼する弁護士が正しく選定できるか成年後見が優先するかは判断ができません。

社会福祉協議会の話では第三者的な立場で成年後見を家裁に申し立てることを進められています。

弁護士を使い相続ができても将来は私の兄弟と争う結果になりかねません。

成年後見が妥当でしょうか?

(noumihaisou)







【あなたが弁護士に依頼することはできない】

お母さんに成年後見の申立をするのか、あるいはあなたが弁護士に依頼するのかどうかを悩んでおられるようですが、現在のあなたの立場では、お母さんの財産の管理を弁護士に依頼することはできません

お母さんの財産の管理を依頼することができるのは、その財産の持ち主であるお母さんだけです

※注:参考ケース
私(弁護士大澤)が経験したもので、相続人である母親ではなく、その息子が母親の相続問題を弁護士に依頼したというケースがありました。
母親は植物状態で寝たきりであるということを聞いておりましたので、不審に思って相手方の弁護士に「先生は誰から委任を受けたのですか」と尋ねましたところ、「息子さんが事務所に来られた」ということでした。
さらに聞いてみますと、弁護士は母親とは全く会っていなかったことが判明しました。
このような案件では相手方弁護士は依頼者である母親からは委任を受けていないことになり、それにもかかわらず代理人として行動したことについては弁護士会で懲戒の対象とされるものです。
そのため、私が相手方弁護士に対して、母親の代理人を辞任すること及び早期に母親の後見申立をすることをアドバイスして、相手方弁護士がそれに従われたことから、結局、成年後見人が選任され、結局、遺産分割問題も早期に解決することができました。



【成年後見人選任の申立をするのが望ましい】

あなたとしては、お母さんの成年後見人選任の申立をするか、申立をしないでそのまま放置しておく(ということは遺産分割ができないということになります)かのいずれかの選択肢しかありません

現在、3人姉妹(①お母さん②そのすぐ上のお姉さん③更にその上の長女)のうち、(上記②の)お姉さんが死亡されたことにより、既にその(上記②の)お姉さんの遺産分割問題が発生しています。

長女さんの周りに問題のある不動産業者がいるというのであれば、その人物がいつ、相続問題に介入して遺産の取込や横領等の不審な動きをするかもしれません。

その点を考えると、早期に成年後見人の申立を家裁にして、あなたが成年後見人になられることをお勧めします

もし、あなたが後見人に選任されない場合でも、弁護士等の専門家が成年後見人に選任され、その人が相続問題を解決してくれるはずです。


【成年後見人になってすぐ遺産分割解決の手配をする】

あなたが成年後見人になれば、あなた自身の意思で、弁護士に上記②のお姉さんの遺産問題の解決を依頼することもできます

その(上記②の)お姉さんの遺産分割を早期に解決し、お母さんが希望する《相続のお金での在宅介護》を実現されるのが、息子さんとしてのあなたとして、今、早急にとるべき方策でしょう。

(弁護士 大澤龍司)

大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
16:42 遺産分割 | コメント(2) | トラックバック(0) | 編集

司法書士が遺産分割協議書を無効と判断する権限【Q&A №315】

2013/09/20
  
遺産分割協議書を作成した司法書士が、それに署名した父の自筆の署名の有効性につき疑問視してます。司法書士は書類作成・手続きの業務を代行するだけで、署名の有効性を判断する法的権限はあるのですか? 父は今老人施設に入居してますが、署名するのに問題はありません。
 当該法務局はちゃんと本人が署名されたのであれば問題ないとの見解です。司法書士一個人の主観的な判断で無効だとかいう判断する法的根拠はあるのでしょうか?

記載内容

司法書士 意思能力 確認義務 署名の有効無効


(Valenzuela)


【法的な判断権限は裁判所にある】
 ある遺産分割協議書が有効か、さらにはある相続人の署名押印が有効か否かを判断する権限は、最終的には裁判所が判決で判断するものです。
 司法書士や弁護士が「お父さんの署名押印は無効だ」と判断したとしても、それで法的に無効と決定されるわけではありません。

【司法書士の確認義務】
 司法書士としては、登記手続の依頼を受けた場合には、その依頼者が確かに本人であるのか、またその人に意思能力があるのかどうかを確認する責任があります。
 遺産分割協議に基づく登記の場合には、遺産分割協議書が有効に作成されたものであるかどうかを確認し、その署名押印する人の意思能力に問題があると判断した場合、途中で登記手続をやめ、辞任することもあります。
 これは、司法書士が登記をしたが、後日、その依頼者に意思能力がないと判明した場合、司法書士が確認を怠ったとして損害賠償を請求されることがあるからです(当事務所も、このような案件に巻き込まれた司法書士から相談を受けることがあります)。

【検査の上で、その検査結果を示して手続きを進める】
 今回、依頼された司法書士も、おそらくお父さんの意思能力になんらかの疑問を感じているのでしょう。
 万が一、後日遺産分割協議が無効とされるような事態があっては、司法書士自身の責任問題にも発展しかねないので、手続きをこのまま進めることを躊躇しておられるものと思われます。
 もし、このまま遺産分割協議を進めたいというのであれば、お父さんの意思能力に関する検査(たとえば長谷川式認知スケールテスト:「相続コラム:意思能力と長谷川式認知スケールに関する判例の紹介」)を行い、意思能力には問題ないとの検査結果を司法書士に示して、手続きを進めてもらうといいでしょう。


大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
11:55 遺産分割 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

生命保険の調査【Q&A №268】

2013/04/16
 父が他界して相続人は兄と私の2人です。
 兄に生命保険の処理を任していたため父が入っていた生命保険の会社、件数、金額を全く教えてもらえません。
 前に、こちらのブログで出来ると拝見したのてすが、それだけを調べて頂きたいのですが、調べる事は出来ますか?
 兄、私、父の分を知りたいのですが。

記載内容

生命保険 相続人 被相続人以外の保険


(まる)


【遺産調査は受け付けています】
 以前に当ブログをご覧いただいたとのことですが、遺産調査として生命保険の調査だけでも、当事務所ではお受けします。
 まずはお電話等にて直接ご連絡をいただければ、費用等をお知らせします。

【調査できるのはお父さんが契約者の分のみ】
 亡くなられた《お父さん名義》で契約された分については、あなたが相続人ですので、生命保険の調査は可能です(調査の対象となる保険会社は、保険協会に加入している約50社です)。
 但し、《お兄さん名義》の保険契約は、たとえ兄弟であっても個人情報保護の関係で調査できません。
 たとえお父さんがその保険金の支払いをしていても、あくまで名義を基準にして、回答されます。そのため、お兄さん名義の分は調査ができません。
 どうしても、お兄さん名義の保険契約を調べたいというのなら、お兄さんの同意が必要です。
 又、お父さんがあなた名義で契約していた生命保険がある可能性があるのなら、それはあなた自身のご依頼により保険協会に調査することも可能です。

【調査の前に、一度は面談が必要】
 弁護士会の方針で、弁護士は少なくとも一度は依頼者の方とご面談させていただいた上で調査を受任するのが原則となっております。
 そのため、いかに遠方にお住まいであったとしても、一度は当職らとお会いさせていただく必要があります。
この点をご理解いただいた上で、ご連絡をいただければ受任内容や条件等の協議をさせていただきたいと思います。


大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
11:12 遺産調査 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

【コラム】実例で見る相続問題:こんな遺言書がありました!(その1)

2010/04/05
なかなかおもしろい遺言書を見たことがある。
その遺言書は自筆であるため、家庭裁判所で検認手続をした。
裁判官が遺言書の内容を読み上げる。
遺言書を相続人に見せて、相続人の意見を聞く。
これで手続きが終了するので、せいぜい15分前後で終わる。
相手方から提出された遺言書を見た当方の依頼者は、遺言者は被相続人の父親の筆跡らしいという。
本物か・・・とすこしがっかりした。

実はそのときは気づかなかったが、後で大きな問題点に気づいた。
検認された遺言書のコピーを事務所で眺めていたときだ。
遺言者の署名の下に印鑑が押されていない!ことを発見した。
実はこの遺言書は2ケ所に訂正箇所があるが、そこには印鑑が押されていた。
そのため、まさか、署名の下に印がないことには気がつかなかった。
よく見ると、署名の下に肝心の印がないのである。
本人が本当に遺言書を書いても、印がなければ、それだけで遺言書は無効である。

この遺言書は他にもおかしな点があった。遺言書本文の署名は略字(例えば「大沢」)なのに、訂正箇所の署名は本字(例えば「大澤」)である。
又、本文は勢いのない筆跡なのに、訂正箇所の署名はやけに力強く、印鑑もしっかり押されている。
おそらく訂正箇所の署名や印鑑は相手方がしたのであろう。

自筆証書ならではミスであるが、ここまでお粗末なケースは珍しい。
公正証書ではこのようなことは絶対に発生しない。
法律の専門家である公証人が作成するだから。
が、実はこの問題のケースでは、この自筆遺言書の後に公正証書遺言が作成された。
しかし、この公正証書遺言についても信じられないミスがあったのである。
さて、その詳しい内容はまた・・
大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
17:12 実例で見る相続問題 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

老舗かばん店「一澤帆布」のお家騒動に見る相続問題(第6回)

2010/03/09
そのとき父親の真意は・・
自筆遺言証書サンプル
【「遺言書を書いた人、いますか?」】
昨年末に、相続問題の講演会に行ったことがあった。
「遺言書を書いた人、いますか?」と聞いてみた。
一人も手が挙がらない。近々、必要になりそうな人もいたけれど。

【人が遺言書を作るとき】
先日、親しい年上の知人から遺言書の相談を受けた。
元気いっぱいの方なのに、子供たちのことや奥さんのことを考えておられる。
同居の子供たちから勧められて遺言書を書くという場合もある。
この場合には、同行してきた子供たちを別室で待機させ、遺言をする本人に直接、真意を確認することになる。

【遺言書のための拉致事件】
はるか昔の話ではあるが、大阪府堺市の依頼者の女性の方から「同居しているお父さんがいなくなった!」という連絡を受けたことがある。
捜してみると、依頼者の兄が、横浜の自宅に、父親を連れて行ったことが判明した。
お父さんが死んだ後、初めて何があったかがわかった。
兄は、横浜の自宅で父親に遺言書を書かせ、その直後に老人ホームに入れた。
ほかの兄弟には、父親がどこにいるのかを一切、知らせなかったという。
遺言書には、お父さんの莫大な遺産の全部を兄が相続すると記載されていた。

【きれいなバッグが展示されてはいるが】
さて一澤帆布である。
2通の遺言書は、それぞれどのような場面で作成されたのであろうか?
2通目が本物とすれば、なぜ、1通目と正反対のものを父親が書いたのであろうか?
判決にはこのような点が記載されているかもしれないが、読みたいとは思わない。
信三郎帆布のショーウィンドウの中の色とりどりのバッグに魅力を感じなくなったのは、歳のせいなのか、或いは他に原因があるからだろうか。
大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
15:33 実例で見る相続問題 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

老舗かばん店「一澤帆布」のお家騒動に見る相続問題(第4回)

2010/02/04
本物かニセ物か、どちらの方がいいですか?
自筆遺言証書サンプル      
自筆遺言証書サンプル【筆跡鑑定が決め手となった?】
最初の裁判では、第2の遺言書が本物だという結論を出した。
警察の科学捜査研究所OBから3通の筆跡鑑定書が出ており、いずれも第2の遺言書を本物とする結論だったという。

【筆跡鑑定とは】
私の理解するところでは、筆跡鑑定とは、筆跡にはその人特有の癖があり、文字の形態(縦長か横長か、角ばっているかや丸いのか)、筆順やはね・止めの仕方などを比較して同一の人が書いたかどうかを判断するものである。
しかし、同じ人でも年齢や状況で字形が変化するし、筆順も筆勢も変化する。
たとえば、元気なときとパーキンソン病や脳梗塞などになったときでは字が変化するし、日記と遺言書や年賀状では文字を書く丁寧さが異なるであろう。

おそらく一番の問題は、偽遺言書は、死んだ人の関係者(相続人である子供)かその道の専門家が作るということである。
裁判になって筆跡鑑定がされることが当然予想されるから、どのような筆跡かを事前に綿密に調査し、かつ似た筆跡になるように練習もするだろうし、もともと血がつながっているから筆跡が似ているということもあるかもしれない。
筆跡鑑定自体には限界があるように思われる。

【筆跡鑑定についてはこんな経験がある】
遺言書が偽造だという事件で、科学捜査研究所のOBの先生に遺言書の筆跡鑑定をお願いに行ったことがある。
鑑定料が弁護士費用より高かったことにも驚いたが、もっと驚いたのは、その鑑定の先生から「本物かニセ物か、どちらのほうがいいのですか」と質問されたことだ。
「当方はニセ物だと考えています」と申し上げたら、その後、「あの遺言書はニセ物でした」という連絡があった。

当然のことながら、その先生に筆跡鑑定を依頼した(もちろん、高い鑑定料を支払った)。しかし、その事件を担当して約35年も経過した今でも、解けぬ疑問がある。
もし、あのとき、「当方は本物だと考えています」と申し上げたら、その先生は「あの遺言書は本物でした」という連絡をくれたのではなかろうか?

ちなみに、事件の相手方からは遺言書は本物だという鑑定書が出た。
相手方の鑑定人も「本物かニセ物か、どちらのほうがいいのですか」と質問したのであろうか。

ついでにひとこと。
昔の映画でアラン・ドロンがニセのサインの練習をしている場面があったように記憶しているけれど、あれは何という映画であったろうか?

注:掲載している遺言書の写真は、サンプル用に作成した架空の遺言書です。
  依頼者からお預かりする遺言書に関しては、秘密を厳守いたしますので、ご安心ください。
大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
17:08 実例で見る相続問題 | コメント(1) | トラックバック(0) | 編集

【コラム】実例で見る相続問題:遺産は不動産でもらいますか?現預金でもらいますか?

2009/09/01
遺産は不動産でもらいますか?現預金でもらいますか?

遺産の分割協議をしていると、ある相続人は現預金で欲しいといい、他の相続人は不動産が欲しいといいます。
さて、あなたならどちらでもらいますか?


【現預金が一番】
弁護士としては、原則として、その遺産の家屋に居住しているような場合は別として、現金か預金でもらいなさいというアドバイスをします。
その一番の理由は、不動産は簡単に売れないということです。

例えば広大な土地をもらった場合でも(遺産額が多い場合には)相続税の支払が必要です。
遺産分割で、現預金をもらった場合は、それですぐに相続税の支払ができます。
しかし、不動産でもらった場合には相続税の支払い原資として、別途、お金を用意する必要があります。

【不動産を売り急げば買い叩かれる】
もし、そのお金がないというのであれば、不動産を売却するしかありません。
その場合、何事もそうですが、売り急げば不動産の価額は恐ろしく安くなります(足元を見て買い叩かれるということです)。

【税金もかかります】
その不動産があなたが居住している不動産なら別として、不動産を売却する時には通常はかなりの不動産譲渡税もかかります。
また、売るまでの期間、当然のことながら固定資産税等も支払う必要があります。

【過去にこんなケース】
 過去に、当方の依頼者で不動産の取得を選択した方がおりましたが、相続税として支払うお金がありませんでした。
 そのため、税務署と協議の上、長期で分割払い(延納)という手続をしましたが、もらった不動産は売れず、しかも不動産価額は下落を続け、依頼者の相続人は四苦八苦しておりました。

 次回の記事でも記載しますが、遺産分割の前提となる不動産価額は、相場よりかなり安くなります。相続税の支払や不動産の利用価値、売却の可能性等、しっかりと考えて対処する必要がありますのでご注意下さい。

大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
10:38 不動産の相続 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

★長年放置した遺産の分割【Q&A №3】

2009/07/23

母の父が数十年前に亡くなっているのですが何箇所かの土地が未だに相続されないまま祖父名義のままになっています。
母の兄弟も何名かすでに亡くなっており残り母を含め2人となってしまいました。母も高齢になってきているので何とか今のうちにきちんと相続をしておきたいと思います。
ですが祖父名義の借家には母の兄嫁が勝手に数十年にわたり家賃をとっていたり、また、別の家には相続がなされないまま数十年兄嫁親子が住んでいたりしています。
その中でもうちの母は自宅近くにある祖父名義の土地を長年管理してきましたのでそこだけでも分割相続をしたいと思っております。祖父名義の土地の一部だけを母が相続する事は可能でしょうか?
又もし全体を分割相続しなければならないとしたら自分が相続しない所までも最初に言い出した母が弁護士費用、その他の相続費用を支払わなくてはいけないのでしょうか?
高齢で貯蓄もないのできちんとしたいものの費用面もとても不安でなかなか次に進めない状態ですのでアドバイスお願い致します。


記載内容

  遺産分割協議 相続費用 弁護士費用 
(ひまわり)



【まず遺産分割協議を】
お祖父さんの遺産のうち、お母さんが希望する土地を相続することは可能です。
ただ、そのためにはお祖父さんの相続人全員で遺産の分け方を話し合う(「遺産分割協議」)必要があります。
 なお、この協議には亡くなられた兄弟(=祖父の子)の相続人が参加する必要があります。
お母さんの希望する土地の相続について全員の同意が得られれば、そのことを記載した遺産分割協議書を作ります。そうすると登記名義をお母さんに移転することができます。
 しかし、もしお母さんの相続する土地の値打ちが外の相続人が受け取る遺産と比べて高すぎるというのであれば、他の相続人にお金(代償金)を支払って土地をもらうということもあります。

【協議がまとまらないときは】
 相続人の間で分割協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に遺産分割調停の申立てをし、これでもまとまらないときは家庭裁判所の審判(判決のようなもので、裁判所が判断します)で遺産の分割をすることになります。
 この場合にも、裁判所は長年あなたのお母さんが管理してきた土地という点を考慮するでしょうから、その土地をお母さんが相続する可能性が高いと思われます。
 ただ、審判では相続人間の公平を考え、法律で定められた相続分を基準に判断しますので、お母さんが代償金等の支払いを命じられる場合もあるかもしれません。

【費用等の負担者は】
 遺産分割に必要な費用は最初に言い出した方が全ての費用を負担するわけではありません。相続費用(例えば相続登記の費用)については、相続された方がそれぞれ負担することになります。
弁護士に依頼した場合、その費用は依頼した方が負担し、他の相続人に負担を求めることはできません。弁護士は依頼者である方の立場を守るために行動するからです。

☆ワンポイントアドバイス☆
 質問の中に、お母さんの兄嫁が勝手に、祖父名義の借家の家賃をとっていたということが記載されています。
 遺産分割が完了していない間の家賃は、相続分に応じて、相続人全員がもらう権利がありますので、過去に遡って家賃を兄嫁に請求することが可能です。
(ただし、時効ということもあるので、一部しか請求できない場合もあります。)
 もし、家賃を貰うことができれば、相続費用の負担が軽減されるでしょうし、弁護士を頼む際の費用に充てることも可能です。
大澤龍司法律事務所
電話番号    06-6361-6017
ホームページ  http://www.osawalaw.com/
 
18:19 遺産分割 | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集
 | HOME | 

FC2 Management